読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風と星と鳥

アイドルの話(嵐さん、ももクロちゃん、NEWSくん)とアイドルじゃない話(OLDCODEX/達央)

OLDCODEXを好きになってよかった【FIXED ENGINE TOUR初日】

OLDCODEX

FIXED ENGINEツアー初日行ってきました!
最高
最高以外の言葉が出てこないよ…
ちょっとセトリ見てよ…

1. flag on the hill
2. Lead Me Not
3. Feed A
4. Meteor Train

5. Cold hands
6. The Misfit Go
7. Harsh Wind
8. Dried Up Youthful Fame

9. Lantana
10. Milestone
11. [Blue]
12. Aching Horns

13. The Experience(新曲)
14. Deal with
15. Scribble, and Beyond(新曲)

16. WALK
17. kick out
18. Landscape
20. カタルリズム
21. Rage on

Ec
22. reel
23. Eyes in chace
※Day2は Stargazer 追加

「最高」以外に何の言葉が見当たりますか…!?
長い一日(※初日のみ参加)だったので、順を追って日記書いていきます…。

 

 

◆物販(※ムダに長いので飛ばしてもOK)
備忘録的なことも兼ねて物販の様子から。
今回事前通販(会場限定以外)があったにも関わらず物販列凄まじかったようです…。
朝6時で数百人並んでいて、自分は7時頃並び始めたのですが途中で千人突破したとの情報が。
開始が12時で、30分ほどで会場限定TシャツのXLが完売、その後も数十分おきにサイズごとに完売の報が流れ、自分が購入を終えたのは14時でした。そして(たぶん…)会限TのSサイズの最後の1枚を手にした…と思う。あ~~怖かった…S不人気らしいが、普段SかM着るのでSでもよかったんです…。
会限セットは開演前には完売しなかったそうですね。
7時間並んだ経験は初めてだったので物販でかなり体力削られました…何度も列を詰めて整理するので、長時間列を離れるのは危険です。途中レジャーシートを置いたままいなくなった方がいて、近くの方が移動させていましたが長時間戻らず…でも結局元の場所に戻れたそうです。や、優しい。
自分は小さい折りたたみイス持参してちょいちょい座りましたが、物販開始後の時間帯に雨が降ってきて…その後は列も動くので座れず。雨の中並ぶのもしんどかった、、傘はみんな差してましたよ。ところで誰もトイレ行かないんですけどすごいな?私も行かなかったけど。
物販で待ちながら友達と会ったりするんですね…ぼっちだとできない芸当。
OCD物販の始発慣れ率が高くて怖い…まぁでも並んでみれば並べた。真夏と真冬は無理かな…。雨くらいでよかったかもむしろ。
並ぶの慣れてるのはいいんだけど、これが加熱すると徹夜問題とか出てきそうなので対策してほしいですなあ。転売問題以外の対策を。
ところで、屋内入ってからの列で話しかけてくださった女性がshowcaseのTシャツ(?!?!?!?)着てて、結成時からファンで個人名義の曲から聞いていたと言っていた…物販後にはぐれてしまったのでちゃんとさよならを言えず…少ししかお話できなかったけどめちゃくちゃ嬉しかったです( ; ; )うう。もっとお話したかった…連絡ください…。
showcaseTその人以外にも見たし、青タオルも何人も見たよ。ウンウン。

 

Zepp Divercity TOKYO(とセットの話)
初めての箱でした。新しめなのかな?音響と照明がすごかった…施設全体的に綺麗。
地下にあるので、もしチケット取れなかったら音漏れ…と思っていたけどそれはできない構造。
ロッカーは外も少なめ?中にもちょっと。中はスペースが広いので出し入れはすぐできそう。自分は朝早かったので東京テレポート駅のロッカーに入れてました~近隣施設にロッカー多いからどこかには入れれるでしょう。
箱に関係ないけど思い出した、OLDCODEXはドリンクにビール(アルコール)ありません!!客層的にしょうがないか。
2500人入る箱ってどないやねん、と思っていたけど、意外とステージの横幅狭く、フロアの奥行き広く感じた。のでそれほど遠さ感じず。

f:id:sz_q3:20160925220944j:plain燃え尽きてたんで写真は居た位置からののみで…。
後ろの大きな歯車は、Ta_2とYORKE.らしいです(なんだって…)
これなあ生で見るとすごい…デカイ。これ持って札幌来んのか、まじかって感じ。海外まで持ってくこと考えたら札幌どころの話じゃないか…すごい。

◆セトリ
もうとにかくなんでもいいからセトリを見てよ…?!
もう私はflagを望みすぎて現場行ったりいろんなもののセトリを見てはflagない…flagない…とつぶやきflagの亡霊になりそうだったんですよ…。
今回はシングルコレクションだから、やるのはわかってる。問題はどの位置に入れてくるかで。
1曲目がよかったけどその望みを口にできないほど諦めてた。聞ければ十分だった。それで成仏しようと思ってた。
それが、開演前の音テストで鳴ったギターの音で「このギターの音のflagを早く聴きたい」って思いがふつふつと湧いてきて…開演してイントロが流れた瞬間flagだ、って考える前に先に体が反応してた、死ぬかと思った。
そののちのMCで、シンディーがOLDCODEXに合う重厚な音を出す為に専用のギターを新調したって話を知るのです。ありがとう…ありがとう…。
2曲目のLead Me Notは早くライブで聴きたい!って思ってた曲。予想通りのクラップで大盛り上がりで、楽しい、楽しいんだけどflag引きずって泣いてる自分…。いやあ楽しかった…楽しかった。

一番涙腺にキタのが「Cold→Misfit→Harsh→DUYF」のかたまり。三曲はリリース時期も近いし。順番的にはColdのあとにカタルが入るのですが。それでもこのあたりの曲は思い出がありすぎる…。Cold handsもHarshもずっとずっと大好きな曲で、ライブで聞けば無条件にアガるけど、でもどこか「楽しかった頃」が強調されて切なさを引き連れてくるんだよね。Misfit Goも2人になって初シングルで、大好きなんだけど苦しい思い出がくっついてる。「振り返る景色に見とれたんだ」とか。
そこにDUYFのさ、「乾いた色を確かめていく」って大好きな詞が…Release当時聞いたときもぐっと来たけれど、その時は実はまだ生乾きだったのかもしれなかったのが今本当に乾いた色を確かめてるんじゃないかなって感じてよかった!!!(汲んで!!)
もうこのブロックが最高すぎて、次のLantanaで泣きすぎて前が見えなかったよ…Lantana…Lantanaも大好き…メロディラインとMVの雰囲気が好きで…

その後のMilestoneの時の演出が、おそらく全体で最大の見所。これからなにが始まるんだって、誰も知らない状態で見る初日のドキドキ感…!この時の絵は、毎公演塗り重ねていくみたいで、次の参戦が楽しみだなぁ。
そしてその一番の演出の次の曲が[Blue]っていうのがまた嬉しかった…(;;)Blue大切にされてる…って胸打たれた。

で、OCDのなにが最高だって、懐かしのあの曲久しぶりのこの曲も楽しいんですけどそれより何より、最新シングルと、初披露の新曲が一番盛り上がって一番楽しいっていうのは、進行形のバンドの素晴らしいところだと思う。
とゆわけでDeal with死ぬほど楽しかったよーーー!!!初めて聴いたときなんじゃこの曲はその声はって思ってゴメンーーー!!!新曲のパフォーマンスを多くが待ち望んでいて文句なく一番盛り上がるってめちゃくちゃ幸せなバンドだよーー!!ありがとー!!Anthemもかっこよかった!!(おまけみたいでごめん)
新曲2曲もめちゃくちゃ盛り上がった!あんま覚えてないけど笑
初日で新曲披露ってのはASTR初日の北海道(DUYF)思い出して熱かった…。
この辺のどっかの曲(曖昧ですまん…)で、泰三さんシンディーが前に出てきてTa_2とYORKEが2人を挟んで4人で並んで立って、緑の照明の中4人に赤い照明が当たって…文字にするとすごいカラーリングだけど、とんでもなくかっこよかった。

WALK〜Rage onのかたまりは割愛!あー楽しかった!
ここを固めてくれたのも心穏やかでいられた要因だと思う…笑
いやあDUYFとかAchingまで来るとあんまり気にしないんだけどRage onとカタルはFree!黒バス!って思っちゃうよね。でも今回は全然そんなこと思い出さなかった。

アンコール、reel楽しいので文句なし。でもreelは後ろから見てたほうが楽しいんだよね。次回かな。Eyes in chase、個人的に大事な曲なのであとで書きます…。

意識的なのか無意識かはわからないけどFLOWERの曲が封印されてた。だからNight flightもないんだけどさ。私FLOWERが一番好きだって言っておきながら1曲もなくても気づいたら満足してた。でも故意でなく自然な流れだったんだろうな。
flagが封印されてたときは意地になってるというか意識的に封印してるって感じた(ギター1本じゃ辛かったてのもあるかもだけど)けど、ナイフラないのも、アンコールがスクリプトでもSick of itでもないことは自然に思えたし受け入れられた。
Day2の追加の曲がStargazerだったってのもまた、初日で聞けずに悔しかったって唯一思った曲だったので、悔しいけど嬉しかった。通じた気がした。

 

◆位置取り
整番が500番台だったので下手寄りそこそこの前の方で見てました。それほどでもないけど。1個目の柵の2列目(柵取ってる人はそこから動かないから安全だなと思って…)で位置とったら、すごく押しの強い人がいて…「負けねえぞ!」って対抗してたんだけど途中で挫けて譲りました…負けた…途中から柵取りに来る人やめろとは言えないけど怖い。
その後もぶつかりの強い人とか大柄な人が多くて辛かったので4列ぐらい下がったら、そこに落ちてきたんだよね…Ta_2のペットボトル。取った。すみません。私なんかが取って。意外にも世界で一番好きな人のペットボトルが降ってくる人生だった。いい人生だった…。
だからいいライブだったってわけじゃないんだけどもうそこが気になって…なんか別に誰も祝ってくれないから実感ないんだけど…あ~いい思い出でした。
最後周りの人ノリのいい人が揃ってて危ない人もおらず楽しかったです。ありがとうございました。位置取りだいじ。

f:id:sz_q3:20160925220636j:plain

ペットボトルにピントあってねえんかい。

◆総括
OCDを好きになってよかった。
シングル集めたアルバムをリリースすることは当初不本意だったと思うんだよね。アルバムにまとめることができないまま、予期せぬスピードでシングルのリリースが続いて、だからといってシングルだけじゃ、「ベスト」にならない。シングルの入らないミニアルバムもOCDの歴史をたどるには重要だし。振り返るタイミングとしても6年はキリのいい数字でもない。
急に振り返る機会を与えられて、そんな中でTa_2とYORKE.がきっと少しずつだんだん、シングル達と、現在過去未来のOLDCODEXと向き合うようになったから、こんなに素敵なライブを作ることができたんだと思う。
こなしてまとめただけのシングル集じゃなくて、意味を持つものにしてくれてありがとう。
本当に想像以上だった。とりあえず全曲聞けるから嬉しい、とかじゃなくて、ひとつひとつ全部意味あるセットリストになってたし、今まで以上に昔の曲も最近の曲も大切になったよ。

Capture~One pledges~VeniVidiが、辛かったのかもしれない。現場に行けば楽しいって思ってた、cresc.で報われた気分になった、あの曲もその曲も消えていくセットリストに「すべては移りゆくものだから」「新しくなることは大事なことだから」って納得しようとしてた。昔の曲を聞けば嬉しさ楽しさの裏側に寂しさ切なさが見え隠れして、どうしてわざわざ傷つくためにライブに行くんだって悩んだこともあった。
それでも1年に1回は都合つけて現場に行って、もっと真剣に追いかけてる人に比べたら少ないけど、節目だと思うから無理してでも冬に遠征して武道館に行った。しがみついてきてよかった。

Eyes in chaseが大事だった。Captureで、終演後に初めて流れたMVは泣きながら見ていた。どうして2人が壁を挟んで歌っているのって。なんか知らんが心臓に突き刺さった。それがpledgeのリード曲で。VeniVidiでは本編ラストがEyes in chaseだった。ちょうど1年前を思い出した。その曲をFIXED ENGINEのアンコールのラストの曲に聞けて、辛い時期の象徴みたいな曲が生まれ変わった。よかったよ、だってもったいないじゃん、Eyes in chaseあんなにかっこいいんだから…もう辛い気持ちで聞くこともないよ!

こんなに明日が楽しみな現場は初めてです。楽しかったから明日からまた生きていこーってなった。いつもは現実に帰りたくないってなるんだけど。
あとさーなんだろー「Milestone」の絵に毎公演塗り重ねていくって聞いたらまた軽率に公演増やしそうで怖いね。もう増えないよ。

11/6(日)Zepp Sapporo
11/11(金)Zepp Nagoya
11/22(火)神戸こくさいホール

今のとここれで全部。ん…?神戸増えてね?いや一応ね、ホールも見ておこうと思って…でも無意味かもしんない…ww だって結局、箱だから楽しかったのかもしれないし…まあそれ確かめるために行ってきます!神戸って、国内最後のホールだしね。絵がどんな感じに塗り重なってるのか楽しみ。
武道館は、今のとこ未定です。行きたくなったらチケはあるだろうとタカくくってる。
武道館ね…CaptureとVeniVidiを払拭するために、行ったほうがいいのかもしれない。新しい曲も増えてるだろうし。でもま、自分がそこまで気負わなくてもいいかなって今は思ってる。見届けなきゃ的な。
結局行ったら笑って。

あー楽しかった。行ってよかった。行けてよかった。
譲ってもらったチケットだったんです。正確には交換だけど。
初日がどうしても見つからなくてめちゃくちゃ探した。
譲ってくださった方もすごく優しくて、とてもありがたかった。
当落は4月だったけど2月には飛行機取ってたんだから。
初日にこだわってた。こだわってよかった。
Veni Vidiで辛くてそれでも「ついて行きたい」って泣いてた女がさ、Divercityで嬉し泣きしてたんだよ。よかったね…。
この先はもう楽しいことしかないぞ!
札幌も名古屋も大好きな友達と一緒だぞ!
あー楽しみ!