風と星と鳥

アイドル(嵐/NEWS等)やアイドルでないもの(OLDCODEX/鈴木達央)の観測

君がいなくなるまであと

2020年12月31日をもって嵐が活動休止に入ると発表された2019年1月27日から5日経った2月1日にこの文章を書いています。いわゆる掛け持ちのオタクの書いた文章なので冷たく見えるかもしれないけど熱がなければこんなもの書かないし、このときこんなことを思っていたという記録も兼ねて書いています。

いなくなる、なくなるという表現を多用しますがなくなるんじゃなくてお休みするんだと理解はしていますが嵐はもはや「事象」だと思ってるので活動を休む=嵐がない状態というつもりで使っています。

◆智について
わたしは彼の選択について感情のプラスマイナスは置いておいて受け入れています。理由があるかないか、その内容に関わらず「嵐できない」と言った人に対して「嵐」を望むことをわたしはできない。
わたしは「休みたい」「自由な生活がしたい」と言った彼を責めることができない。どれだけメンバーが悲しみ、社会に影響が出て、ファンが苦しんでも、一人の人間の「休みたい」気持ちと天秤にかけることはわたしにはできない。
ただわたしは、智はわかってないんじゃないかと思うときがある。メンバーの悲しみ、社会的影響・損失、ファンの気持ちを。しかしたとえそれらを正しく理解したとしても、あるいはしていないとしても彼の決断を左右はしないと思う。
わたしは彼の「嵐をたたんで、それぞれの道を歩む」という言葉が、どれだけメンバーのことを考えて発せられたのかが気になる。嵐をたたんでそれぞれの人生を歩むことが4人にも良いことだと、本気で考えていたのか。「嵐をたたむ」には「5人でなくては嵐ではない」という前提が含まれているようにもとれるが、智が何をどこまで考えて最初の提案に至ったのかわたしにはわからないし、何も考えていないようにも思えた。
(「たたむ」がそもそも公用に練られた文章の中の一部で本当は単に当初「辞めたい」と言った可能性もあるけれど可能性を考え始めるときりがないのでわたしは彼らの口から出た言葉が真実だという前提で喋ります)
今までもこれからも彼の言葉尻をとらえることに意味はないと思う。自分の気持ち・考え・意思を表現して誤解なく人に伝えられるかということにおいて、5人の中で一番彼が心配だから。

◆わたしの一番最初の「自担」
FC動画で彼が「僕たちはずっと嵐です」と断言してくれてどれだけ安心しただろう。色々考えすぎて拗らせて最終的にわたしは「二宮くんが生きていてくれさえすればいいわ」というところに着地したんだけども、二宮くんを真剣に応援してきた人ほど彼は嵐を守るために活動に邁進するだろうと断言していて、わたしはそれを信じることにした。

嵐を絶対に終わらないために一回手を離すって、すごいよ。

◆個人的な余談
第一報を聞いた時わたしは「嘘」でも「信じられない」でも「嫌だ」でもなく「そうなんだ」と思った。呆然とはしたけどすぐ受け入れたのは、5人で決めた選択だと思ったから。動画や会見を見て事情を察するとさすがに思い悩みだしたけれど。休止すること自体はもう飲み込めました。
いつ頃からか忘れたんだけど、わたしはいつ誰がいなくなってもいいように自分の人生をちゃんとしようと考えていた。わたしの好きなもの、OLDCODEX、NEWS、ももクロ…ほかにもメガマソとか、ジャニーズの他のグループも、いろいろ見てきて、自分の外にある生き甲斐を自分のすべてにしてしまうのは、ちょっと危ないな、って思っていた。誰かに何かあったとき自分の足で立てなくなるのが怖かった。だからといって嵐がなくなって死にそうな人に対して「自分の人生がちゃんとしてない」と言うつもりはないし、わたしに「好き」がたくさんあって分散してるからダメージが少ないなんてこともないよ。

と、ここまでが2月に書かれていて今4月です。まだたった2〜3ヶ月しか経ってないのに、嵐がなくなる実感が薄れてしまった。薄れてる場合じゃないのに。今日、and moreの公演が始まった。本人確認がどうとかで荒れているけど、そんなことより本当にもう、1日1日嵐と居られる日々は減ってくのだ。
24時間テレビをやると言ったのはびっくりしたけどそこまでするならもう全部ついてくしかない。
ずっと前、あと人生で何回嵐のコンサートに行けるんだろうと考えたことがあった。有限だと、気づいてはいた。でもいざ終わりの可能性を見せられると本当に怖い。
「嵐のコンサート」のことをほとんど「松本潤のつくる嵐のオリジナルアルバムのツアー」を指して言ってるので、わたし最後の嵐のコンサートは、もう終わってるのかもしれない。休止から復活したとして、あと何度、オリアルツアーが見れるんだろう。嵐は、わたしは、何歳になってるんだろう。

「第4回がたんごとん歌会」に参加してきました

10/21日曜日にがたんごとんさんで開催された歌会に参加してきました。



お店行ったことあるだけで知ってる人いないし、歌会に詠草出したことない(むかしほくたんの歌会を見学したことだけある)しこんなすごい初心者の自分を迎え入れてくださった皆様に感謝しています。楽しかった!そして疲れた。いっぱい頭使った、というか平素いかに自分が頭使わないで短歌よ(読・詠)んでるか思いしりました。
以下自分が出した歌の話と感想。

続きを読む

連作 sideM短歌『右肩の星』全曲解説を書きました。

f:id:sz_q3:20180210011923g:plain

2017.10.24〜12.9までツイッターにて一日一首、315プロのアイドルたちについての短歌を投稿した連作の記録です。
以前も似たようなことしていたののsideM短歌版。

【ルール、気をつけたこと】
・頭文字を「いろは歌」順縛りで一日一人ずつについて詠む。
・それぞれのソロ曲にインスピレーションを得て詠むけれど、歌詞から引用しすぎないこと(解説に「曲」「歌詞」とあるのはソロ曲についてです)
・なるべく平易な言葉で、名刺代わりの歌になるようなものをつくる
・字余り字足らずしない

1週間ネットプリントで配信もしていました。

ツイートはスレッド化していますので歌だけならここからすべて読めます。気に入った歌がありましたらぽちぽちしていただけると嬉しいです。

以下、歌と解説のようなもの。

続きを読む

OLDCODEX Tour 2017 they go,Where?【ホールver】

急に休みが取れたので公演2日前に思い立って飛行機とチケットとホテルを押さえて飛びました北海道から神戸へ!
FIXED ENGINE振り二度目の神戸。
思ったことつらつら書くだけなのでレポ的なものではないです。

続きを読む